【ガイアの夜明け2/11放送】店名や場所と商品名はこちら!

創業から360年という歴史をもつ
兵庫県の老舗お菓子メーカー
「大三萬年堂(だいさん・まんねんどう)」。

本店については
以下に記述しています。

【ガイアの夜明け】老舗お菓子メーカー店の名前はここ!どこの場所?2月11日放送

この老舗お菓子メーカーは
先祖代々、醤油まんじゅうを
販売してきたお店ですが、
13代目である安原怜香さんが
東京千代田区に「大三萬年堂HANARE」をオープン。

ガイアの夜明けで紹介された
チョコレートを融合したお菓子の
名前た店名などをご紹介していきますね。

東京千代田区にある「大三萬年堂HANARE」の場所

「大三萬年堂HANARE」は2019年6月19日に
オープン。
内装な清潔感のある淡い色で統一しており、
とても落ち着いた雰囲気のある店内カフェ。

店舗内装

https://ensen-gourmet.com/2019/06/11/hanare/

住所:東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスモール1F

商品コンセプトは「女性ならではの」で、
この「HANARE」のオーナーである
安原怜香さんは「和スイーツ研究家」
としても活動しており、
「見た目の可愛さ」とヘルシーな要素をプラスし、
健康重視でありながら
”食べても罪悪感を感じさせない”
身体に優しいスイーツ
として人気。

看板商品は”どらぱん”

https://ensen-gourmet.com/2019/06/11/hanare/

左端から「あんバター」「いちごのピスタチオ」
「ほうじ茶チョコ」「たまごやき」の4種類。

他にも甘酒マスカルポーネクリームを
使用した「甘酒チーズティ」が人気で、
厳選された国産茶葉を丁寧に輸出した
ドリンクに「飲む美容点滴」と称される
甘酒とマスカルポーネクリームで作った
濃厚チーズクリームをのせた新感覚のドリンクがあります。

このドリンクは豆乳を使用することで
カロリーが気になる女性も美味しく飲め、
甘酒の美容効果も期待でき、
日本人に馴染み深いお茶を斬新な
スイーツ・ドリンクに仕上げています。

https://ensen-gourmet.com/2019/06/11/hanare/

▲「プリンチーズティ(¥750+tax)」

https://ensen-gourmet.com/2019/06/11/hanare/

▲タピオカチーズティ(¥650+tax)

ガイアの夜明けで特集された商品はこちら

https://d3hanare.stores.jp/items/5c91d27c0283af256d17ebe0

▲あずきとかかお(¥2,592 tax込)

「大三萬年堂」の秘伝のあんこと
濃厚チョコレートを合わせたこだわりの
「ちょこ餡」。

生チョコのようなとろける食感を
香り豊かな柚子のピールをアクセントに
上品な味わい
になっており、
たいへん食べやすいものになっています。

この他にも下記の複数展開をしており、
どれもヘルシーで”健康を第一に”考えている
オリジナル商品がありますよ。

【ガイアの夜明け2/11放送】店名や場所と商品名はこちら!のまとめ

兵庫県にある創業360年の歴史をもつ
「大三萬年堂」は、
13代目の安原怜香さんによって
斬新且つヘルシーな和洋菓子へと変化しました。

「大三萬年HANARE」は
東京都千代田区にありますので、
関東住まいの方は一度行ってみては
いかがでしょうか。

女性に人気の商品ですが、
甘いものが大好きな男性もいますので、
お土産に買ってあげるというのも
喜ばれるかもしれませんね!

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です